You've successfully subscribed to Interakt
Great! Next, complete checkout for full access to Interakt
Welcome back! You've successfully signed in.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Metaverse in Healthcare

Metaverse in Healthcare

. 3 min read

医療におけるメタバース

メタバースは決して新しい概念ではありません。 これは、SF作家のニールスティーブンソンが1992年の小説「Snow Crash」で作り出したものです。 メタバースは彼が作った名前で、物理的現実と仮想空間の収束でした。 メタバースはインターネットの進化的環境です。 メタバースは、仮想現実、拡張現実、ユーザーがデジタルユニバース内で「生きている」ビデオなど、テクノロジーの複数の要素の組み合わせです。

今のMeta(以前のFacebook)のCEOであるMark Zuckerbergは、メタバースの主要な機能が主流になるまでに約5~10年かかると推測しいます。

仮想現実・バーチャルリアリティ—(VR):

仮想現実(VR)とは、コンピューター技術を使用して作られたシミュレートされた環境です。 VRはユーザーを経験に移動します。 ユーザーは、目の前の画面を見る代わりに、3Dの世界に浸漬して交換できます。 視覚、聴覚、触覚、嗅覚などの多くの感覚をできる限りシミュレートすることで、コンピューターはこの人工的 な 世 界へゲートウェイとして変身します。

拡張現実 (AR):

拡張現実 (AR) には、コンピューターはセンサーとアルゴリズムを使用してカメラの位置と向きを決定します。 次に、ARテクノロジーは、カメラの視点から見えるように3Dグラフィックスをレンダリングし、コンピューターで生成された画像をユーザーの現実世界のビューに重ね合わせます。

複合現実(MR):

複合現実は、拡張現実と仮想現実のハイブリッドです。 現実世界とデジタルの両方の側面が組み込まれているため、ハイブリッドリアリティとも呼ばれます。 MRは主に物理世界と仮想世界を組み合わせるテクノロジーですが、最も魅力的なテクノロジーは、ユーザーとデジタルアイテムとのリアルなインタラクションです。

メタバースの共有空間における拡張現実の進歩は、社会の改善のための技術を進歩させるために多くのものを提供するかもしれません。

医療におけるメタバースの構成要素のいくつか は以下です。

  • 医学における最初の仮想システムは、整形外科のための新しいトレーニング環境を促進するために、ロバート・マンによって1965年に導入されました。1980年代後半、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)は、医療におけるVR視覚化のためのウェアラブルデバイスとして導入されました。VRとARのアプリは、手術、特に腹腔鏡手術のトレーニングで役に立てるように見ます。内視鏡的処置および脳神経外科にも人気がある。現在のVR腹腔鏡シミュレータは、実際の機器と仮想操作フィールドを持ち、スクリーンまたは他のディスプレイデバイスに投影されているため、「ハイブリッド」として見做されています。
  • VRやARシミュレーターが脳神経外科のトレーニングの分野で通常に見られています。そんなシミュレータは、長い時間も着用するのに十分快適と非常に現実的である必要があります。そのため、そんなシミュレータは詳細な脳神経外科構造を効果的に表し、手頃な価格です。
  • 通常に血管内VRトレーナーには、手続き時間、使用されるコントラストの量および透視の時間を評価するメトリックツールがあります。そのツールは、血管形成術と冠状動脈のステント留置、腎臓、腸骨、大腿骨血管を含む多くのモジュールを提供する。
  • 小児科と救急医療は、VRトレーニングの統合のための有望な分野です。現実的な仮想人間と仮想小児モデルを作成するために、厳格な作業が行われています。

ウェルネス、フィットネス、生活の質 :

VR は認知症ある人々の生活の質を向上させるのに役立ちます。16回のモニタリングセッションの後、研究者が、患者の古い記憶が回復されて、気分が改善されて、肯定的な精神シミュレーションが提供されるようにできたことを発見しました。